インテリジェント顔認識、自動追尾など多彩な機能

Innex C830をコントロールするためのソフトウェアInnex Studioはレイアウトを変更したり、ミーティングルーム内の参加者を検出したり、追尾したり、ホワイトボードへの画像の固定や発表者モードなどを使えば、リモートからの参加者の注目を集めることも可能です。また、C830のファームウェアも簡単にアップグレードを可能です。

テーラーメイドビデオ

ZoomやGoogle Meet、Microsoft Teams、Webexなど様々なテレビ会議用ソフトウェアに対応。レイアウトをカスタマイズすることが可能です。

6つのレイアウトモード

チルトアップ&ダウン

カメラ本体を動かすことなく、ソフトウェアの操作で視野を上下に調整(チルト)することができます。

一度のみ追尾 vs 常に追尾

参加者が随時入れ替わったり移動するミーティング時などは自動追尾し続けるとミーティング時の集中の妨げになります。Innex Studioは様々な状況に対応すべく、2種類の追尾モードを備えております。

  • Track Once(一度のみ追尾): ミーティング参加者の入れ替わりが激しい時などに最適です。参加者が席に着いた状態で一度だけ追尾を行い、そのビューで固定します。
  • On-Tracking(常に追尾): 参加者の人数が1名または数名のみの場合、全員を常に自動追尾して表示します。

画質設定

ミーティングルームの状況などに応じて、露出や明るさの調整をおこなうことができます。

*設定内容はカメラ本体には保存されません。

自動ファームウェアアップデート

C830を接続し、Innex Studioを起動すれば、ファームウェアバージョンを検出し、必要に応じて自動的にファームウェアをアップデートします。

仕様

ハードウェア&システム要件
Windows 10(64bit)/CPU: Intel 第4世代 i5以降(推奨: Intel 第7世代 i5以降)/RAM: 4GB以上

Mac OS 10.15以降/MacBook Pro(2013)以降/RAM: 4GB以上

対応カメラ
Innex C830 & Innex Cube

機能

カメラモード
・オーバービューグリッドモード
・手動モード
・自動フレーミングモード
・グリッドモード
・ホワイトボードモード
・発表者モード

固定、顔追尾、画質設定、周波数設定